安くて安全な化粧品選び

化粧品の危険性について

大事なのは基礎化粧品

1950年頃、皮膚に黒っぽいシミができる女性が急増したことがありました。
当時は原因が分からず、20年経ってから化粧品に原因があることが判明しました。
それ以降、成分調査がされるようになりアレルギー反応がでる成分が分かってきたのです。
香料や色素、防腐剤や合成界面活性剤などです。そこからは、使われている成分表記が義務化されました。
2001年以降、全成分が表記されるようになっています。それから化粧品の皮膚への影響が考えられるようになりました。

しかし、市販されている化粧品は大手メーカーの有名化粧品でも、お肌に有害な成分が沢山含まれています。
また、一般の消費者はどの成分が何故悪いのかを殆ど知りません。 そこで、お肌に悪い化粧品をうっかり使わないように化粧品に含まれる危険性の高い成分についてご紹介します。

ところで、皮膚に悪い化粧品というとどういったものを思い浮かべますか?
皮膚に悪いのだから、防腐剤とか色素とかが沢山入っているメイク用品を連想するかもしれません。
極端な表現をすると、汚れを肌につけるだけの役割です。
ただ、メイク用品はしっかり洗い流せば大きな問題にはなりません。

本当に大事なのは基礎化粧品なのです。こちらは皮膚自体の機能を助ける役割を持っています。
毎日、機能を補助する成分を肌の奥まで浸透させるものなのです。
そのため、肌のためには基礎化粧品の安全性を必ず確認する必要があります。

パラベンについて

全成分表示制以前、敏感肌用化粧品などで、他の表示指定成分は使われていないのにパラベンとだけ記載されているのを見て気になっていた方もいるかもしれません。 パラベンの役割は防腐剤で、化粧品の変質を防いでいます。 パラベンは表示指定成分ですが、比較的毒性が少なく安全性の高い防腐剤として、多くの化粧品スキンケアだけでなくメイクアップでもで使われています。 食品や清涼飲料水にも保存料としても使われています。

しかし、パラベンは環境ホルモンの疑いがあるとされています。 2012年には環境ホルモン学会にで、ラットの実験において精子を減らす作用があるという研究発表がなされました。
防腐剤に関しては、化粧品は未開封状態で3年間は同じ状態を保つよう決まりがあります。
ですのでパラベンが入っていなくても、パラベン以外の防腐剤が含まれている化粧品もあります。
天然成分だけで出来ている基礎化粧品を選びたいものです。

一日中手触りサラサラ、化粧くずれナシ すっぴん風メイクは化粧下地で決まる